メニュー

新型コロナワクチン

新型コロナウイルスワクチンついて (2021/10/31更新)

現在、新型コロナウイルスワクチンの新規予約を、一旦停止しております。

予約情報の更新について公式LINEおよびホームページでお知らせします。

キャンセルがあった場合の再募集については公式LINEにてお知らせします。ワクチンの有効利用のためにご協力いただけると幸いです。

 

予約の際の注意点
  • 接種券が届いた方が対象です。
  • 当院では基本的には当院かかりつけの方とかかりつけの方の保護者の方を対象に接種を行いますが、かかりつけ医を持っていない当院初診の方、普段かかっている医療機関がワクチン接種を行っていない方もご相談ください。
  • ワクチン接種は2回必要です。2回目は、1回目から3週後の同じ曜日とさせていただきます。変更はできません。
  • コロナウイルスワクチン接種の前後2週間は他の予防接種ができません。また、他の予防接種と同時接種もできません
  • ワクチンは溶解して準備を始めると6時間以内に必ず使用しなければなりません。予約時間より遅く来院されると接種ができなくなります。ご注意ください。
  • 一般診察と並行してワクチン接種を行いますので、場合によっては待ち時間が長くなることがあります。また、接種後経過観察のため院内で待機していただく必要があります。時間に余裕がある日を選んで予約してください。

 

ワクチン接種時の注意点


当日必ず持参するもの 
 ● 接種券
 ● 本人確認書類(被保険者証など)
 ● 予診票(記入したもの)


※予診票をお持ちでない方はクリニックにありますので、事前に記入をお願いします。
※肩に接種しますので、肩を出しやすい服装でお越しください。
※当院ではできるだけ保護者に同伴いただきたいと思っています。事前に連絡なく本人だけ来られた場合は接種できないことがあります。

 

小児の新型コロナウイルスワクチンについて

 

こどもに新型コロナウイルスワクチン(以下ワクチン)を接種した場合も新型コロナウイルス感染症に対する予防効果は高いと考えられています。

 

新型コロナウイルス感染症は、こどもの感染者は大人に比べると軽症であることは広く知られるところであり、こどもに対するワクチン接種についてはよく考えて決める必要があると考えます。

 

ご高齢の方や基礎疾患がある方と一緒に住んでいる人、自分自身に基礎疾患がある人、ワクチン接種の必要性は、ひとりひとり違うかもしれません。また、今後流行状況が変わったり、ワクチンの予防効果や副反応の情報が更新されたりすれば、接種しようと思う人は増えたり、または減ったりするかもしれません。

 

ワクチンを接種するメリット(感染拡大予防等)とデメリット(副反応等)を、ワクチンの意義やワクチンに対する不安についても、本人と一緒に話し合ってみてください。信頼できる情報をもとにご判断ください。

 

(参考:日本小児科学会 新型コロナウイルスワクチンに関するQ&A

 

LINE公式アカウントからも情報をお伝えします。下記LINE友達追加ボタンから友達登録をお願いいたします。

友だち追加

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME